現地の仕事スタイルに対してイライラする

海外で就職をするということで言えば、今まで日本で就職をして働いてきた経験を持つ人も多数いるでしょう。その中で海外で就職をするとなると、やはり今まで働いてきた日本との比較に悩まされることがあるのではないでしょうか。日本で働いてきたルールやしきたりと言ったものとは異なる可能性がありますので、そのギャップに悩んでしまうということも十分にあり得ます。

日本の仕事スタイルを捨てる

日本人は働き過ぎだということが言われているわけですが、それを現地に持ち出してしまってはいけないです。現地には現地の働き方というのがありますので、それに合わせるということが一番楽です。郷に入れば郷に従えというようなことわざがあるように、いったん日本のスタイルを捨てて、現地のスタイルに合わせてしまうといいでしょう。

時間感覚の差は大きい

日本人は時間に対して比較的きっちりしているということが言われていますし、必要であれば残業をしてまで仕事を終わらせるということもあるくらいです。しかし、海外の場合は残業をすることなく定時で切り上げるという習慣があります。多少時間間隔のルーズさについて悩んでしまうことがあるかもしれません。

現地の習慣を楽しむ

日本人と現地の人とではやはり習慣の違いというのが現れてきます。習慣が違うからと言ってイラついたり日本式に変えるというのはよくありませんので、現地の習慣の違いについて十分に楽しめるような心の余裕を持った方がまだましではないでしょうか。

柔軟な心を持つことが大切

海外で就職をするということは、日本とは違うことが多いのは当たり前のことです。日本での仕事スタイルを捨てて現地での仕事スタイルをうまい具合に取りいれていけば楽しくなるのではないでしょうか。心の余裕はいつも持っておきたいものです。

現地のマナーや風習には十分気を付けておく

日本で就職をした時と海外で就職をした時というのはマナーや風習が違うということが十分に考えられます。海外で就職をするということであれば、海外に住むということですのでその国のマナーや風習についてはあらかじめ知っておいたほうがいいでしょう。英語を覚えるよりもむしろ現地のマナーや風習を理解しておいたほうがいいということが言えます。

現地のマナーや風習は勉強する

海外で就職をするということであれば、英語などの語学については当然ながら勉強していくわけですが、それよりも勉強しないといけないことは現地のマナーや風習です。こういうことを知らないといつの間にか嫌われるということにもなりかねません。

日本では当たり前の行動を取ったつもりであっても、現地の人からするとあり得ないマナー違反ということだってあり得ます。もしかすると、そういう行動が実は犯罪につながって逮捕されたり、罰金を支払われるということにもなりかねませんので注意をしてください。例えば、イスラム教徒の国に就職をするということであれば、女性は肌を露出しないとか、豚肉や飲酒は禁止などの知識は持っておいたほうがいいでしょう。

相手に不快な思いをさせないことが大事

日本では当たり前に使っている行動であっても、現地に行くと不快な思いをさせるということも少なくありません。例えば、タイ人に対して頭をなでてはいけないなどのタブーもありますので、事前にどういう行動がNGなのかを調べておきましょう。

自分が知らず知らずにNG行動を取らないようにしよう

日本でのマナーや風習と海外でのマナーや風習というのは全然違うと言ってもいいでしょう。日本では当たり前のことが、海外では嫌な思いをさせてしまうなど、知らず知らずのうちにNG行動を取らないように気を付けたいものです。

海外就職によって得られるものが多いことに気づく

日本で生まれてきたということであれば、一般的には日本にある企業に勤めるというのが一般的です。そういう人にとっては、なぜ日本人が海外で就職をしたいのか不思議でしょうがないのではないでしょうか。ただ、日本で勤めていていきなり海外の事業所で勤めるということもないとは言えません。ここでは海外での就職におけるメリットはどういうところにあるのでしょうか。

たくましさが出てくる

喜んで海外で就職を選んだとしても、最初の頃は何かとトラブルが起きたりしますので、日本で就職をした方がいいんだなという風に思い返すことがあります。日本とは全然習慣や文化、宗教などが異なりますので、苦労することが多いでしょう。それでも、それを潜り抜けることができるのであれば、たくましくなること間違いないです。

コミュニケーション能力が付く

海外の中には日本語が通じるケースというのはほとんどなく、英語しか話せないとか母国語しか話せないというケースも少なくありません。そういう中で現地の人たちとコミュニケーションを図る必要があるわけです。さらに習慣の違いなどにも考慮して意思疎通をしていかなければいけません。

いろいろな人との相互理解が図れる

日本の中だと、日本人としか触れあわないことがあり得ますが、海外に行くといろいろな人種と触れあうことが普通にあります。いろいろな人がいる中で生活をしていくとなると、相互理解を図っていく必要があります。そういう機会は人間的にも大きくなっていきます。

海外で働くことで得られることは多い

海外就職をすることでいろいろと学ぶべきものが多いです。海外で働くことでたくましさが出てきたり、コミュニケーション能力が付いたり、相互理解が図れたりするという大きなメリットがあります。

海外就職において信頼できる情報を集めるには

海外就職を行うに当たっては日本にいる時に情報収集をした方がいいです。しかし、いい情報を集めた方が現地に行ったときに戸惑うことg少なくなるのではないでしょうか。現地でいろいろと苦労をしないためにもきちんと情報収集を行ったほうがいいのは言うまでもないことですが、どのようにして信頼がある情報が集まるでしょうか。

情報は基本的に公的機関から集める

現地に関する情報についてはまず公的機関が出しているソースから取るというのが基本です。インターネットで調べるといろいろな情報があることが分かるわけですが、一番信憑性がある情報となると公的機関が出している情報です。情報に惑わされないためにもまずは公的機関の情報を当たってください。

公的機関が出していない情報については書籍やインターネットなどいろいろなところで調べることができるわけですが、インターネットについては玉石混交という側面がありますので、100%鵜呑みにするのはやめておくべきです。情報を取るということであれば、古い情報を参考にするよりは新しい情報を参考にしてください。

現地にいる人と話ができるならその機会を大切にする

海外での就職を目指す時、現地に知り合いがいるということであれば、積極的に話をした方がいいでしょう。せっかくの貴重な時間を使っているわけですので、その前にあらかじめ情報を集めていって、分からないことについて質問をした方がさらに有意義になります。

事前に信頼ある情報をつかむ

海外での就職をうまくいかせるために、日本にいる時に信頼ある情報をつかんでいた方が戸惑いが少なくて済みます。情報は基本的には公的機関のものを参考にし、インターネットのものは100%信じることが無いようにしてください。