現地のマナーや風習には十分気を付けておく

日本で就職をした時と海外で就職をした時というのはマナーや風習が違うということが十分に考えられます。海外で就職をするということであれば、海外に住むということですのでその国のマナーや風習についてはあらかじめ知っておいたほうがいいでしょう。英語を覚えるよりもむしろ現地のマナーや風習を理解しておいたほうがいいということが言えます。

現地のマナーや風習は勉強する

海外で就職をするということであれば、英語などの語学については当然ながら勉強していくわけですが、それよりも勉強しないといけないことは現地のマナーや風習です。こういうことを知らないといつの間にか嫌われるということにもなりかねません。

日本では当たり前の行動を取ったつもりであっても、現地の人からするとあり得ないマナー違反ということだってあり得ます。もしかすると、そういう行動が実は犯罪につながって逮捕されたり、罰金を支払われるということにもなりかねませんので注意をしてください。例えば、イスラム教徒の国に就職をするということであれば、女性は肌を露出しないとか、豚肉や飲酒は禁止などの知識は持っておいたほうがいいでしょう。

相手に不快な思いをさせないことが大事

日本では当たり前に使っている行動であっても、現地に行くと不快な思いをさせるということも少なくありません。例えば、タイ人に対して頭をなでてはいけないなどのタブーもありますので、事前にどういう行動がNGなのかを調べておきましょう。

自分が知らず知らずにNG行動を取らないようにしよう

日本でのマナーや風習と海外でのマナーや風習というのは全然違うと言ってもいいでしょう。日本では当たり前のことが、海外では嫌な思いをさせてしまうなど、知らず知らずのうちにNG行動を取らないように気を付けたいものです。

関連する記事